オンラインカジノの始め方

2016年12月15日、「カジノ法案(IR推進法」が成立した。
2013年に、この法案の前進となる法案「特定複合観光施設区域整備推進法案」が提出されて、実に3年が経過してやっと成立した、難産のうえの成立だった。というか完全に忘れ去られていた存在だった法案のような気がしてならないが、何はともあれ法案が可決されたのです。

日本でカジノができることを待ち望んでいた人々にとっては嬉しい限りです。

この法案に基づくIR(特定複合観光施設)の開業は、はじめは2020年東京五輪開催をめどに進めていたのではあるが、もう間に合わないのではないかといいう意見が多い。
※2020年の2月からの新型コロナ感染症(COVID-19)の影響でオリンピック自体が現在(2020.07)では開催がどうなるかわからなくなってきましたね。2025年の大阪万博までも難しいですね。2026年以降か!!
現在、20都市程の自治体がこのIRの開業に関心を示しており、北海道、千葉、東京、神奈川、大阪、和歌山、長崎の7都道府県が名を挙げており、有力候補といわれている。

でも、日本人にはまだまだ、馴染みのないランドカジノできたからすぐに遊びに行くっていうのも何か不安がありますよね。もちろんもうすでに、マカオやラスベガスといった有名なカジノで遊んだ経験のある方はすぐにでもカジノで遊べると思いますが大半の日本人の方はIRが開業して初めてプレイすると方も多いハズ。海外に住まわれている方はとくに当サイトで紹介する、

「オンラインカジノ」でカジノの遊び方を練習して本場のランドカジノに臨むことをオススメいたします。

比較するべきオンラインカジノのポイント!

POINT.1
完全日本語対応・サポートのサイトであるか。
ランドカジノをするための予行演習的にオンラインカジノを始めようと思っても、一昔前はほとんどのオンラインカジノのサイトは英語表記であったため、どのように手続をしたらプレイできるの分からなく、サポートに聞きたくても辞書を頼りに英語で文章を作り、メールを送るというストレスばかりで楽しむ...

POINT.2
スマホ対応のブラウザゲームを導入しているか。
日本において一時期、オンラインカジノとして人気を博していた某オンラインカジノも現在では、入出金システムもネッテラーのままでソフトもPCにダウンロードして起動させる旧態依然としたオンラインカジノサイトなので遊ばなくなってきていると聞きます。 左記のグラフを見ていただいてもおわかりだ...

POINT.3
スマホ対応のブラウザゲームを導入しているか。
日本において一時期、オンラインカジノとして人気を博していた某オンラインカジノも現在では、入出金システムもネッテラーのままでソフトもPCにダウンロードして起動させる旧態依然としたオンラインカジノサイトなので遊ばなくなってきていると聞きます。 左記のグラフを見ていただいてもおわかりだ...

POINT.4
安心・安全・スピーディーな入出金サービスを導入しているか。
昨年、オンラインカジノの入出金として非常に便利なサービスを提供していたNETELLER(ネッテラー)がほとんど前触れもなく利用できなくなって途方にくれていたときに、エコペイズ(ecoPayz)、アイウォレット(iWallet)、エントロペイ(e...

POINT.5
楽しめるイベントなどが多く開催されているか。
当サイトを訪れているひとにはパチンコ&パチスロからの移動組が多いようである。かく言う私もそのうちの一人で「パチスロ」からの移動組である。パチスロなどの全盛期(もうすでに廃れていますよね。)特に4号機の全盛時代、そう、「吉宗」「押忍!番長」「北斗の拳」etc.などが面白くて毎週通っ...