オンラインカジノ関連記事

Q&A オンラインカジノは違法?

ところで、オンラインカジノの実践記のブログを持っていて、そこに書き込みをしてくれる方の不安は次のようなものが多いね。 Q&A形式でまとめてみると、

オンラインカジノはやってみたいけど違法じゃないのかな?
現在の日本にはオンラインカジノが海外に拠点があって、その地域での認可を得て営業している海外のサーバーで行うオンラインカジノを取り締まる明確な法律は存在しません。
いずれ日本の法律が改正されて「オンラインカジノを規制する。」ような法律ができれば違法となるかもしれませんが、今のところは違法ではありません。」
オンラインカジノを日本にいて自宅のパソコンでやってもいいという法的根拠は何?
オンラインカジノを日本のお家でやってもいいよ。というような法律は現在の日本にはありません。やってはいけないという法律が存在しないということだけです。
 いつか日本政府がオンラインカジノを法規制の対象にするという法律ができれば間違いなく遊べなくなります。 個人的な希望的な観測を言わせてもらえれば、国会でもカジノ法案が通過してますます、地方自治体でもカジノ誘致の話題が盛んになっている現在、すぐさまそういった禁止条項の入った法律ができるとは思われません。むしろいい方向に展開していくのではないかと前向きに考えています。
いままでオンラインカジノで警察につかまったりしたことないの?
オンラインカジノがらみでの逮捕者は何人か出ています。新聞紙上での報道が次の通りあります。
1. 大阪府警は自分の経営する店舗の中にパソコンを何台か設置しそこでお客にオンラインカジノをさせたという容疑。

2. 千葉県警はオンラインカジノの利用者向けにお金のやり取りをする「口座サービス」を提供したという容疑

 ただ、この2点についてはオンラインカジノをしたからという容疑ではないことに注意。次の3つ目の逮捕者が今後のオンラインカジノ愛好者の運命を左右する非常に大きな事件だと思います。

3. H28.3月には京都府警はオンラインカジノは今までとは全く異なった、オンラインカジノを自宅で行ったという容疑で逮捕したのです。ただ、これにはいろいろな見解があって、単に自宅でしたということだけではなくオンラインカジノ側が日本人向けに日本人のためだけにある時間帯においてブラックジャックをディーラーをつけて行ったということに対する容疑のようです。ただしこれもまだはっきりしていません。今後の成り行きを見守るしかないようですね。
 という事例を踏まえて、必ずしもオンラインカジノは日本においては堂々とやれないもの、グレーなものであることは承知して、参加するしかないようだ!

京都府警が3人をオンラインカジノをしたということで逮捕されたということですが、その後その3人はどうなったのでしょうか?
① 2人は略式起訴⇒罰金刑となった。
略式起訴は無罪ではありません。有罪であり、自分の経歴に「前科」がつくのです。

② あと1人はオンラインカジノのプレイで逮捕されたことに対して、略式起訴の打診にたいして応じず、争うこととなった。
【結果】 この方は国内でただ一人だけ 賭博罪被疑事件で争ったのである。その結果弁護士の弁護士(津田岳宏さん)の尽力もあり不起訴となった。
 不起訴⇒前科はつかない。  略式起訴(罰金)⇒前科がつく

 日本の裁判では判例主義が取られていることが多く、今後、全く同じ事件であれば不起訴となることが多いだろう。しかし、だからといって当サイトとして「オンラインカジノを大手を振ってプレイしていいですよ。」とは言えません。
日本の法律では「オンラインカジノは合法」という根拠となる法律はいまのところは存在しないグレーな行為なのです。あくまで自己責任の上でプレイするようにお願いいたします。
おすすめの記事